MENU
main_about_02

チューチョ・デ・メヒコの紹介

1933年メキシコの港町ベラクルス生まれ。アルパ、レキントギターの名手として知られる。2013年80歳を迎え、惜しまれつつ引退。

Glorious History【栄光の歴史】

栄光の歴史

18歳の時、プロの登竜門である、ラテンアメリカ最大の放送局WUXが主催するセミプロのためのコンクールに優勝し、「トリオ・デルフィネス」という名で輝かしいプロデビューを遂げました。
国内での人気を不動のものにしたのち、中南米各国を公演し大好評を得ます。

メキシコ大統領の信任も厚く、メキシコを訪れた各国要人や皇族方のためのレセプションで演奏をしたり、メキシコ大統領のお供で米国ホワイトハウスに何度も行き、当時の米国大統領、ケネディ、ジョンソン両氏の前で演奏するなど、メキシコを代表するグループとして活躍しました。

ナットキングコールと共にLPを録音。また、当時の第一線ミュージシャン、ハリー・ベラフォンテ、ペレス・プラード、エディ・フィッシャー、ドメニコ・モドゥニョ、カーメン・キャバレロなどと常に共演し、世界の第一線で活躍。
日本には1964年初来日し、全国公演をし大好評を博します。
以後17回にわたって来日公演を行い、日本の歴代首相、要人、皇族方の前で数多く演奏を行いました。
また、TV、ラジオ、コマーシャルなどでも活躍しました。

[ソロ活動]

1987年より日本を中心にしてソロ活動に入ります。
音楽教室を開き後進の指導に当たり、彼の元からは、
数多くのアルパ奏者たちが巣立っていきました。
またメキシコ大使館と提携して、学校でのメキシコ文化の普及活動として、
数多くの演奏を行います。
2000年実力派のメンバーを集め、マリアッチ・ロス・コンパニェロスを結成。
定評のある美声は年齢を重ねても衰えることなく、
ますますの深みを増し、聴く者の心に響きます。
しかし以前から「自分の幕引きは自分で決める」と言っていた通り、
2013年80歳を迎え、引退しました。
チューチョの歌声・演奏が、皆様のお心にいつまでも残りますように・・・。

Movie【演奏風景】

演奏風景

2016年3月、逝去

世界を舞台に活躍していましたが、2016年3月に故国メキシコにて逝去。享年83歳。

Copyright© Tepito All Rights Reserved. なびこ