八木啓代

南米と日本を拠点に活躍中。
その実力は現地でも認めてられています!!
語学留学生として訪れたメキシコで、
歌手としての才能を認められて、現地でプロとして活躍。
ジャズ・ラテンバラード・民俗音楽・フォルクローレなど、
多彩な音楽の垣根を跳び越え、ラテンアメリカと日本を拠点に、
「キューバ・ソン・フェスティバル(マタモロソン)」
「キューバ国際ジャズフェスティバル」「国際セルバンテス祭(メキシコ)」
「メキシコ市国際ジャズフェスティバル」「コスキン歌謡祭
(アルゼンチン)」「民族音楽祭(チェコ)」など数々の
国際フェスティバルで高い評価を受ける。
多くの音楽家とMO共演するかたわら、旅人として各地を巡り歩き、
作家・ジャーナリスト・エッセイストとして何冊もの本を出版しています。

★八木啓代 公式ホームページはこちら→

【CD】
「SE VIVE ASI」「ESTA MUJER」他。
【著作】
「禁じられた歌(晶文社)」「危険な歌(幻冬舎文庫)」
「ラテン女のタフで優雅な生き方(大和出版)」
「喝采がお待ちかね(光文社文庫)」「MARI(幻冬舎)」
「キューバ音楽(青土社)」他

【テピートの管理人から一言】
八木さんは歌手としての活動のほかに、
多くの本を出していらっしゃいます。
その内容は、鋭い視点での切込みの国際問題の裏話から
お気楽料理まで多岐にわたります。
八木さんの愛読者の私としては、ここテピートで歌って
くださいますことを大変嬉しく思っています。

国際派ジャーナリスト八木啓代さんのステージは、
そのトークもまた興味深く、美しい絹の声と共に
楽しいステージです。